plan-A plan-A

PROJECT

YOXO BOX(よくぞ ボックス)

横浜市役所本庁舎、横浜スタジアムの目の前に、横浜の新たなエコシステムの形成に向けた実験場となるYOXO BOX(よくぞボックス)が誕生しました。ベンチャー企業成長支援事業の拠点として、横浜のエコシステム形成に向けて動き出します。
実験場=サンドボックスをイメージさせる内装は、plan-Aが信頼を寄せるルーヴィスが設計・施工。横浜を代表する世界的デザイナー・NOSIGNERがロゴ・サインデザインと内装デザイン監修を手掛けました。三菱地所、角川アスキー総合研究所、アドライト、plan-Aが、ベンチャー支援やエリアマネジメントの実績をもとに、運営を担当します。
グローバルなビジネス規模と、日本最大のローカル都市・横浜の歴史的文脈の掛け合わせを、緻密に、そして現実的に重ね合わせてきたplan-Aは、運営体制構築支援からチーム組成を含むプロジェクトマネジメントを担いながら、YOXO BOXにおける「横浜・関内」の意味性を追求してきました。
横浜市経済局のスタートアップの中核拠点となるYOXO BOXは、「世界に通じるイノベーション都市を目指す」というビジョンのもと、起業支援の講座や専門家の助言、コンシェルジュ機能、ビジネスイベント等を通じた人材交流など、多彩なプログラムを用意しています。みなとみらいにおける大企業の本社やR&D拠点との関内エリアのスタートアップとの乗数効果で、加速度的なオープンイノベーションの促進が期待されます。

CREDIT

plan-A
拠点設置に関するPJM(チーム組成・工程管理・予算管理・運営体制構築支援)

YOXOBOX拠点整備チーム
施主:三菱地所
設計:ルーヴィス
施工:ルーヴィス
ロゴ+サインデザイン・内装デザイン監修:NOSIGNER
AV:tvkコミュニケーションズ

BACK TO INDEX